外国人技能実習生を採用するメリット

外国人技能実習生とはおもに新興国に在住する若者に対して日本に招き日本の企業で知識や技術を獲得し、いずれは母国で産業の発展に寄与する国際貢献です。
とくに外国人技能実習生として来日してくる国で多いのはベトナムやカンボジア、タイなどのアジア諸国が多いため日本製品への憧れや日本文化への関心などから希望してくる若者が多くいるのです。

お手軽な外国人技能実習生の情報はこちらです。

現在では農業や漁業、建設関係、食品製造関係、繊維関係など実に68職種、126作業もの職種・作業において受け入れ可能となっており以前と比べて飛躍的に向上しました。



外国人技能実習生はこれらのいずれかで日本の企業に入職し日本製品についての知識や技術を最長3年間にわたって学んでいくことになります。


日本の企業にとっても外国人技能実習生を採用することは様々なメリットがあります。

一つは日本国内においては少子高齢化の影響から若い労働力を確保しづらくなっているため技能実習生は企業にとっても重要な労働力の一助となります。

また若い技能実習生が入職することで日本人スタッフの活気が生まれ生産性の向上につながります。



さらにはゆくゆくは海外展開を視野に入れている企業の場合自社で技能実習生を育てることでリーダー候補あるいは幹部候補生として現地で新たに採用することができスムーズで密な連携を取り続けることができます。
外国人技能実習生の受け入れ時は技能実習生と企業との間でコーディネーターが調整の役割をはたしてくれるため安心して採用することができます。